JAL、国内線航空機内でのインターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」、7月23日スタート

JAL、機内でのネット接続「JAL SKY Wi-Fi」、スタート

JALは、日本の国内線初の機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を、東京(羽田)−大阪(伊丹)線、羽田−福岡線、羽田−函館線の一部の新仕様機材「JAL SKY NEXT」運航便に導入する。7月23日から。

 

米gogoの衛星接続サービスを利用し、日本の国内線で初めて機内インターネットサービスを提供。ユーザーの無線LAN対応端末から、インターネット、Eメールなどが利用できる。税込み料金は、時間制プランが30分400円。時間制限がない1フライト料金「フライトプラン」は、450マイル以下(羽田−伊丹ほか)がスマートフォン、タブレット/ノートPCともに500円、451〜650マイル(羽田−福岡ほか)のスマートフォンが500円、タブレット/ノートPCが700円。651マイル以上(羽田−那覇ほか)のスマートフォンが700円、タブレット/ノートPCが1200円。すべてクレジットカードで決済する。


詳細は以下のリンクから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000005-bcn-prod

 

すぐに返信しないといけないメールなどが来た場合なんかは便利そうですね。分単位で働くビジネスマンにとっては嬉しいサービスだと思います。あとは、回線が安定するのかが気になるところです。


格安ハワイ旅行 最安値をチェック 期間限定セール 海外旅行人気ランキング 目的別で検索