JALパック

海外ツアー好調!中国は大幅減

二〇一三年一〜三月に出発するJTBなど旅行主要四社の海外パッケージツアーの予約者数合計が、欧州行きは前年同期比で約40%伸びている一方、日中関係の悪化が響く中国行きは約85%減と大きく落ち込んでいることが二十九日、分かった。

 

 中国などを除けば、円高基調が続く中で海外旅行は堅調。グアムやサイパンなどのミクロネシアは約14%増、米ハワイも約12%増となり、全方面合計でも約3%増えた。

 

 団塊世代の夫婦や女性グループらの参加者が目立ち、最大手のJTBは一三年の日本人の海外旅行者数が千八百七十万人と、二年連続で過去最高を更新すると予測する。

 

 一三年と一二年の一〜三月出発ツアーについて、それぞれ前年十一月下旬時点の予約数を比較。欧州は近畿日本ツーリストの66・2%増を筆頭に、日本旅行は58・7%増、JTBも31・6%増、ジャルパックも27・3%増と、それぞれ増えた。
 ハワイの人気も根強く、日本旅行が48・1%増、JTBも20・8%増えた。

 

 中国は各社とも70・0%減〜87・1%減と激減し「先行きは不透明で依然厳しい」(ジャルパック)情勢。ただ旅行大手幹部は「欧州などへの長距離ツアーや、航空機のビジネスクラスを利用した高額商品などが好調で、中国の不振はカバーできている」と話す。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012123002000096.html
海外旅行自体は好調のようですね。ただ中国への旅行者は激減しているようです。去年は特に日中関係が悪化しましたから当然といえば当然でしょうが、旅行者が回復するには、まずは日中関係が回復しなければならないでしょうね。


格安ハワイ旅行 最安値をチェック 期間限定セール 海外旅行人気ランキング 目的別で検索