JALパック

伊藤淳史が旅行トラブル解決!成田で「ジャルパック」勤務

俳優の伊藤淳史(28)が、来年1月スタートのTBS系ドラマ「あぽやん〜走る国際空港」(木曜・後9時)で同局連ドラに初主演する。演じるのは旅行会社に勤務し、空港カウンターで旅客を送り出すエキスパート。国際空港を舞台に男の成長を描く。成田国際空港、JALなどの全面協力のもと、12月にクランクインする。

 

 年間2806万8714人(2011年)の旅行者が利用する空の玄関・成田空港。伊藤が演じるのは、JAL系の関連旅行会社「ジャルパック」で働く旅客を送り出すエキスパートだ。

 

 「あぽやん」とは旅行業界用語で、国際空港で起こった旅行者の様々なトラブルに、最後の砦として対応する空港のプロフェッショナル―を指す言葉。「空港=エアポート」(Airport=APO)の職員という意味だ。

 

 原作は作家・新野剛志さん(47)の小説「あぽやん」(08年)、続編の「恋する空港」(10年)。本社のツアー企画の部署から空港勤務を命じられた遠藤(伊藤)の成長、人間模様を描く。

 

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121115-OHT1T00010.htm


格安ハワイ旅行 最安値をチェック 期間限定セール 海外旅行人気ランキング 目的別で検索